本紙紙面

2022年5月27日配信

つくばセンタービルに約2,000平米の
複合交流施設「co-en」を開設、賑わいの再生を目指す
国土交通省「老朽ストック活用リノベーション推進型
まちづくりファンド支援事業」を活用

左から2人目が内山代表
左から2人目が内山代表

 国が推進する国家戦略特区「スーパーシティ」の一つに選定され、注目が集まる茨城県つくば市において、筑波研究学園都市建設初期の都市に必要な機能を導入するため、1983年に、世界的建築家の磯崎新氏の設計により建設された中核施設「つくばセンタービル」について、つくば市では周辺環境の変化や人々の動線の変化、施設の老朽化に伴い、2017年からリニューアルに向けた検討を進めてきたが、このほど、国土交通省の制度である、老朽ストック活用リノベーション推進型まちづくりファンド支援事業を活用したアセットリノベーションファンドからの投融資の第1号案件として1階部分、旧アイアイモールの約200平米のエリアにリノベーションを実施、つくばを拠点に成長する企業や活動する人々、多様な働き方を応援する拠点「co-en」として再生・オープンした。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。