本紙紙面

2021年3月1日配信

新型コロナウイルス禍が続く中  スーパーと百貨店の売り上げに明暗



 新型コロナウイルス禍により、仕事や生活に様々な制約が起きている中、2020年のスーパー等における売上高は、5年ぶりのプラスに転じた一方で、百貨店は月ベースで15カ月連続のマイナス、暦年でも25%を超える大幅な落ち込みとなり、明暗を分ける結果となった。

         ◇

 日本チェーンストア協会の会員企業56社、10,975店舗における2020年1~12月までの販売動向(暦年)は、総販売額12兆7,597億円余(前年比:店舗調整前102.6%、店舗調整後100.9%)と、巣籠もり需要の顕在化による住関連などが貢献し、5年ぶりのプラスとなった。

 2020年を概観すると、1月は食料品が農産品の相場安の影響もあり、動きが鈍く、衣料品、住関品は天候不順の影響などにより伸び悩んだ。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。