本紙紙面

2021年2月13日配信

【暮らしスタイリスト】冨田裕三子氏(ウエルデザイン)
ICもコロナ禍の時代に問われる
3Dパースを活用したデジタル提案力



 以前は少なからぬエンドユーザーが、ICにインテリア相談することになんとなく抵抗感を持っている、という話をよく聞いたものだが、「最近はそんなことはないと思います」と語るのは、千葉県インテリアコーディネーター協会の事務局長を務める冨田裕三子氏(ウエルデザイン主宰)である。

 冨田さんご自身の仕事の場合、インテリア相談からスタートし、3Dパースにまとめて提案する流れが基本だが、近年エンドユーザーは、相談は相談と割り切っており、敷居が低くなっているように感じるという。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。