本紙紙面

2020年10月25日配信

【底流】理想論と感情論



 インテリア専門店に限らず、あらゆる企業にとって事業承継は重要なテーマといえる。創業者一代きりで終わってしまうのか連綿と引き継いでいけるのか。永続的に存続するということは企業の社会的責務でもある。前号ではインテリア専門店の事業承継問題を引き継ぐ側の視点で捉えてみたが、今号では渡す側、すなわち親世代の視点から考えていきたい。

 まず親世代が会社を承継するときのパターンを考えてみると大きく2種類があるように感じる。一つは会社を引き渡してからは、まったく経営に関わらいというパターンだ。この場合、引き継いだ側はそれこそ自分の思う通りにできる。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

お得なお試しキャンペーンを実施中です
sponsored by