業界ニュース

2022年11月13日配信

住江織物 宝塚歌劇貸切公演「スミノエ宝塚フェア2022」開催

永田社長のあいさつ
永田社長のあいさつ

 住江織物(株)は、3年ぶりとなる宝塚歌劇貸切公演「スミノエ宝塚フェア2022」を、11月12日(土)に東京宝塚劇場にて開催した。

 同イベントは、2013年の住江織物創立100周年(創業130周年)を記念してはじめて実施された企画で、オーダーカーテン「modeS」、および「U-Life」の縫製品(ローマンシェード含む)購入者の中から、抽選で500組・1000名を宝塚歌劇貸切公演(東京宝塚劇場、および宝塚大劇場)に招待するというもの。2020年、2021年はコロナ禍のため中止となったが、今年は3年ぶり8回目の開催となった。

 11月12日(土)に行われた東京宝塚劇場では、宙組によるTAKARAZUKA MUSICAL ROMANCE『HiGH&LOW』が公演された。同演目は、TVドラマおよび映画で話題となった「HiGH&LOW」を宝塚歌劇の世界観で舞台化した作品で、無数のチームによる抗争の中その1つのチームのリーダーと余命少ない女性の愛を描く物語。続くミュージカル『Capricciosa!!』では歌詞の中に「スミノエ」というフレーズが織り交ぜられるなど、貸切公演ならではの演出も行われた。

 公演に先立ち住江織物(株)の永田鉄平社長が挨拶、鉄道車両や自動車のシート、家庭向けカーテン・カーペット、さらには宝塚劇場のカーペットなどさまざまなシーンに使用されている住江織物製品を紹介、さらに同社の環境対応について、宝塚劇場へのカーペット納入におけるCO2削減量(6.5トン)を示すなど具体的にアピールした。

 なお11月19日(土)には宝塚大劇場にて星組による浪漫楽劇『ディミトリ~曙光に散る、紫の花~』が行われる予定である。

住江織物のホームページ
https://suminoe.co.jp/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。