業界ニュース

2022年9月3日配信

国交省 令和4年度「住宅エコリフォーム推進事業」実施

「住宅エコリフォーム推進事業」対象工事
「住宅エコリフォーム推進事業」対象工事

 国土交通省は、ストック住宅の省エネ化を推進するため、住宅をZEHレベルの高い省エネ性能へ改修するリフォームを支援する「住宅エコリフォーム推進事業」を実施、9月14日(水)より事業者登録と交付申請受付を開始する。

 対象となる工事は、開口部、躯体などの断熱化工事、設備の効率化に係る工事で、令和4年9月1日以降の契約かつ事業者登録後に着手した工事。具体的には①省エネ診断、②省エネ設計、③窓・ドアの断熱改修、④外壁、屋根・天井または床の断熱改修、⑤エコ住宅設備の設置で、①と②と③〜⑤は併用でき、④⑤を申請する場合は③が必須となる。建替えも対象となる。

 補助額は省エネ診断が費用の1/3、省エネ設計が費用の1/3、省エネ改修については戸建が工事費の11.5%、マンションが工事費の1/6。補助上限額は戸建が51万2700円/戸、共同住宅が2500円/平米、マンションが3700円/平米。申請する補助額の合計が5万円未満は対象とはならない。›

 「住宅エコリフォーム推進事業」の利用には、まずは補助事業者として事業者登録が必要となる。登録受付期間は令和4年9月14日〜令和4年12月16日まで。同事業はデジタル庁が運営する補助金の電子申請システム「jGrants」を使用するため、事業者登録の前に「GビズID」の取得が必要となる。「GビズID」の取得には約2週間を要するため早めの手続きをおすすめする。

(出所:国土交通省)窓・ドアの断熱改修のモデル工事費。この金額に補助率(戸建が工事費の11.5%、マンションが工事費の1/6)を掛けると補助額が推計できる。実際の補助額は実際にかかった工事費で計算される。
(出所:国土交通省)窓・ドアの断熱改修のモデル工事費。この金額に補助率(戸建が工事費の11.5%、マンションが工事費の1/6)を掛けると補助額が推計できる。実際の補助額は実際にかかった工事費で計算される。

「GビズID」取得先
https://gbiz-id.go.jp/top/
住宅エコリフォーム推進事業実施支援室
https://ecoreform-shien.jp

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。