業界ニュース

2021年1月5日配信

サンゲツ 新物流施設「関西ロジスティクスセンター」オープン

関西ロジスティクスセンター
関西ロジスティクスセンター

 (株)サンゲツは、物流業務の「自動化・省人化」をコンセプトに、西日本在庫拠点として全商品約1万2000点を在庫する「関西ロジスティクスセンター」(大阪市淀川区)を、1月5日(火)にオープンした。

 これまで関西エリアでは、2拠点で対応していたことによるデリバリーロスとオペレーションの非効率性が課題となっていた。今回新設する「関西ロジスティクスセンター」では、1拠点に機能を集約することによる非効率性の解消に加え、同社初となる無人搬送ロボット「GTP(Goods To Person)」を導入することで、在庫棚を出荷作業場所まで自動搬送することが可能となったほか、自動で商品を運ぶ無人搬送車「AGV(Automatic Guided Vehicle)」などの新設備を導入し、徹底した自動化・省人化を図る。

 今後は、配送コストの上昇や重量物配送の忌避傾向といった物流業界全体を取り巻く課題を踏まえ、自社配送体制の拡充と高度化を進めるとともに、RPA(手順が決まったパソコン作業を自動化するソフトウェア)導入などDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進することでデータを活用した業務改革にも取り組む。

 同社では、中期経営計画(2014-2016)【 Next Stage PlanG 】・(2017-0019)【 PLG 2019 】を経て、全国で一日に平均約6万点の出荷を行うロジスティクス部門における在庫・出荷・配送といったサービス機能の強化を進めてきた。「関西ロジスティクスセンター」の新設・統合を行うことで、西日本エリア全体のさらなる物流体制の強化を図る。
 なお2016年8月に新設した「北関東ロジスティクスセンター」をはじめ今回6拠点目となる「関西ロジスティクスセンター」のオープンにより、全国のロジスティクスセンターの総面積は東京ドーム5個分に相当する23万6000平米になる。

ロジスティクスセンター 拠点再編の実績
ロジスティクスセンター 拠点再編の実績

■関西ロジスティクスセンターの概要
名称:株式会社サンゲツ 関西ロジスティクスセンター
住所:大阪市淀川区加島2-1-74 MFLP大阪Ⅰ内
在庫商品:壁装材・床材・カーテンなど 計約12000 点
延床面積:4万3880平米
業務開始日:2021年1月5日

サンゲツのホームページ
https://www.sangetsu.co.jp

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。