コントラクトニュース

2022年5月17日配信

つくばセンタービルに約2000平米の複合交流施設「co-en」がオープン

コワーキングスペース
コワーキングスペース

 つくばまちなかデザイン(株)(内山博文社長)は、つくばセンタービルの旧アイアイモールの部分約2,000平米に、つくばを拠点に成長する企業や活動する人々、多様な働き方を応援する拠点として「co-en」をオープンした。

 つくばまちなかデザイン(株)は、令和3年4月1日につくば市と地元企業が共同出資して設立した、まちづくり会社。まちなかの人と人、コトとコトをつなげるプラットフォームとして、まちなかのステイクホルダーと共に、つくばならではの新たな価値を創造する事業を通じて、暮らしや学び、働く人を支援する場づくり、地域の取組みを支援し、中長期的視点ではコトづくりを軸として、官民両方のノウハウを活かし、公共施設の在り方やまちなかの移動手段の見直しと整備を図り、より快適に、暮らしやすいまちを目指しているという。

 つくばセンタービルは、つくば駅徒歩3分に立地。筑波研究学園都市建設初期の都市に必要な機能を導入するため、1983年に、世界的建築家の磯崎新氏の設計により建設されたもの。その後、周辺環境の変化や動線の変化等により、求心力が低下していることから、つくば市では、2017年からリニューアルに向けた検討を進めてきた。

 今回のリノベーションは、国土交通省の制度である「老朽ストック活用リノベーション推進型まちづくりファンド支援事業」を活用した「アセットリノベーションファンド」からの投融資の第1号案件に当たる。「co-en」は、リノベーションにより、建築の持つ魅力を最大限生かしながら、つくばを拠点に成長する企業や活動する人々、多様な働き方を応援する拠点として、シェアオフィス、コワーキング、カフェ&バー、シェアキッチン、チャレンジワゴン、アートウォール、イベントスペースを1フロアに展開した約2,000平米の施設で、新しく整備した「小上がり」と呼ぶ、誰でも気軽に座れるベンチと小道のような通路が入り混じり、多様な人が交流する新スポットとして再生された。

 なお、国土交通省の制度である「老朽ストック活用リノベーション推進型まちづくりファンド支援事業」に関する解説は、本紙5月25日号を参照されたい。

カフェ&バースペース
カフェ&バースペース

「co-en」ホームページ
https://co-en.space

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。