リノベーション

2020年2月14日配信

LIXIL 田村産業と協働で最先端リノベーション住宅「福島実証棟」開設

福島実証棟の外観
福島実証棟の外観

 (株)LIXILは、安心して長く住み続けられるリノベーション住宅の普及促進に向けて、福島県田村市のSW(スーパーウォール)加盟店、田村産業(株)と協働で、「人生を楽しむ」をコンセプトとした、最先端リノベーション住宅「福島実証棟」を開設した。

 この「福島実証棟」は、福島県田村郡三春町に立地する築26年の木造在来軸組工法2階建て戸建て住宅に「SW工法リフォーム」を用いて、一般的な新築住宅以上の断熱性能を実現したリノベーション住宅で、最新のIoT技術の採用や、「耐震」性能を向上させるリフォームも施し、ZEH×IoT×レジリエンスで、安心して長く住み続けられる、快適・便利・安全な「これからの住まい」を提案するもの。

 この実証棟では、共働き若年世帯をターゲットとして想定し、リノベーションを実施。まず、家電や建材など生活のあらゆるものがIoT技術でトータルにつながるIoTホームLink「Life Assist」を搭載することで、毎日の家事負担軽減を図る。「Life Assist」により、スマートスピーカーの音声操作、見守り・防犯、シーンに合わせた照明の色・明るさの自動制御などが可能になるという。また、新開発の断熱改修工法「SW工法リフォーム」を採用することで、一般的な新築住宅以上の高い断熱性能(ZEH基準の外皮性能を超えるHEAT20 G1レベル)を実現。既存住宅の外側に高性能な付加断熱パネルと金属サイディングを取り付けたほか、天井・床断熱、換気、開口部の改修も合わせて行い、室内温度差の少ない健康で快適な暮らしを提案。夏場でも外付日よけ「スタイルシェード」と組み合わせることで、強い日差しをカットし、室内温度の上昇を抑制することで、一年中を通して快適に暮らすことができるという。これらに加え、耐震リフォーム工法「アラテクト」を活用した耐震補強、軽量で建物への負担が少ない天然石付き鋼板屋根材「Tルーフ」への葺替え、防災備蓄食材を収納したパントリーを設けるなど、安心・安全な住まいとなっているという(ちなみにUA値は、改修前の1.73W/m2・Kに対し、改修後は0.45W/m2・Kに、上部構造評点も、改修前の0.56(倒壊する可能性が高い)に対して、改修後:1.57(倒壊しない)となった)。

 なお、同社ではこの物件を約1年間モデルハウスとして公開し、ノウハウの提供や地域の情報発信として活用し、室内の温熱環境などの検証も同時に行い、安心して長く住み続けられるストック住宅の普及促進に向けて貢献していきたいとしている。



LIXILのホームページ
https://www.lixil.co.jp/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

お得なお試しキャンペーンを実施中です
sponsored by