本紙紙面

2022年9月10日配信

【底流】「ショップ」か「ストア」か



 日本人にとっては、「ショップ」も「ストア」も同じ「お店」という意味になるが、イギリスではその定義が明確に異なるのだそうだ。それはその店がどこまで対応しているのかの違いで、製造や加工なども自社で行っているのが「ショップ」、販売のみを行っているのが「ストア」になる。

 具体例をみていくと、「ショップ」は花屋、美容院、自転車修理店、コーヒーショップなどが該当する。一方の「ストア」は本屋、コンビニエンスストア、デパート、酒屋などが当てはまるという。

 こうしてみると、「ショップ」は地域密着型の小規模店舗が多いようである。単純なモノの販売だけでなく、独自の技術を活かして加工や施工を行っているためだろう。それに対して「ストア」は全国チェーンの大規模店舗、あるいはネットショップ(この定義に従うと、ネットショップという呼び方自体ふさわしくないが)が大半を占めている。その証拠に、かつて地域密着型の小規模店が多かった本屋や酒屋も今では大規模店舗に置き換わっている。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。