本紙紙面

2022年8月12日配信

【SDGs最前線】パレットハウスジャパン(大阪府東大阪市)
廃材を活用したビンテージ家具
環境意識の高まりでオフィスや商業施設で需要拡大中

大町社長
大町社長

 SDGsなど環境意識の高まりから、オフィスや商業施設といったコントラクト市場を中心に商材の選び方が大きく変化している。リサイクル商材を使用することで企業価値の向上を図るためである。

 そうした社会的背景の中、大阪府東大阪市の小さな家具メーカーに注目が集まっている。物流に使用するパレットや建築用足場(関西では木板が主流)の廃材からテーブルや椅子、TVボード、キャビネット、木製ドアといったビンテージテイストのデザイン家具を製造・販売する(株)パレットハウスジャパン(大町浩社長)だ。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。