特集

本紙紙面

2022年7月12日配信

YKKAP発表「住まいに関する意識調査」
Z世代の約6割が住宅購入の意向あり
大人世代よりもフレキシブルな住まい求める



 YKKAP(株)(堀秀充社長)は、全国の男女2090名を対象に、2022年3月25日~30日の期間、インターネットで行なった「住まいに関する意識調査」の結果を発表した。

 同社では、得た回答を15~24歳の421人を「Z世代」、25~39歳の629人を「ミレニアル世代」、40~69歳の1040人を「大人世代」として集計し、世代別の意識の違いを分析した。特に次世代を担う「Z世代」を中心に、分析結果を発表している。

 Q 今後、住宅を購入する予定はありますか 
 Q 購入を予定している・購入したいと思う住宅はどのタイプですか? 

 Z世代のうち、住宅購入を予定している、または将来的に住宅を購入・所有したいと回答した人は56.9%と、6割近くが家を持ちたいと考えていることが分かった。

 また、購入意向がある人に“購入したいと思う住宅のタイプ”を聞いたところ、Z世代では「新築・戸建住宅」と回答した人が42.6%、「新築・マンション」が26.8%となり、69.4%が「新築」を希望するという結果になった(中古住宅は25.1%)。これは、ほかの世代と比較しても大きな差はなく、若い世代においても、新築住宅への憧れが強いことがうかがえる結果だった。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。