本紙紙面

2022年1月27日配信

【シリーズ この人に聞く】金長特種製紙 紙漉屋五代目 一瀬清治氏
「甲州和紙」をブランディング
伝統的和紙産地の再生を賭け推進

一瀬清治 氏
一瀬清治 氏

 山梨県市川三郷町、市川大門、西嶋の和紙関係企業の有志六社は、新たに「甲州和紙」のブランドのもと、さる1月10〜15日、東京・日本橋の小津ギャラリーにおいて、初の合同展を開催しました。

 市川和紙は、仏教の伝来以来、約1200年以上の歴史を有します。近年では産業化し、障子紙の産地として日本一の生産量を誇りました。
 一方、西嶋和紙は戦国時代以来、書道用の半紙や画仙紙の産地として発展して来ましたが、昨今は住宅の洋風化に伴う和室の減少や書道人口の減少など、どちらも主たる需要の減少から、ご多聞に洩れず、右肩下がりに衰退の道を辿っています。越前和紙などと比べても知名度も低いことから、事業継続に向け、世代を超えて、様々な模索が行われる中で、新しい試みに挑戦することとなったのが、今回の「甲州和紙活性化プロジェクト『RE/NAME』」でした。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。