本紙紙面

2021年12月14日配信

【夫婦の家事の負担について調査】アイフルホームカンパニー
家事はみんなでシェアが30.0%



 (株)LIXIL住宅研究所アイフルホームカンパニーでは、男女の既婚者で子どものいる人を対象に、夫婦の家事の負担等について調査を実施。日常の家事が好きな女性が29.6%に対して、家事が好きな男性が39.7%と約10ポイント高くなっていること、現状での家事の負担割合は、男女とも「ママが80%、パパが20%」が最も多く、女性の回答では45.9%、男性の回答では、39.0%に達していることなどが明らかになった(有効回答数1,075件)。

 その他の調査概要は下記の通り。

(左)好きな家事 (右)嫌いな家事
(左)好きな家事 (右)嫌いな家事

 ①好きな家事を3つ選んでもらったところ、「料理」が29.7%でトップ。続いて「掃除機をかける」19.4%、「食器洗い」18.7%となった。

 ②嫌いな家事を3つ選んでもらったところ、こちらも「料理」が30.0%でトップ。続いて「献立を考える」28.0%、「トイレ掃除」26.7%。

 ③現状での家事の負担割合は、男女とも「ママが80%、パパが20%」が最も多く、女性の回答では45.9%、男性の回答では、39.0%に達しているが、さらに「ママが100%」「ママが80%、パパが20%」を合算すると、その比率は、女性の回答では72.7%、男性の回答では49.5%となり、女性の回答の方が23.2ポイント高くなっており、男性と女性で家事へ参画意識に大きな隔たりがあることが判明した。

夫婦の家事分担割合 (左)女性  (右)男性 
夫婦の家事分担割合 (左)女性  (右)男性 

家事に対する理想のスタイル 男女比較
家事に対する理想のスタイル 男女比較

 ④家事についての理想のスタイルでは、「分担や誰かの仕事ではなくみんなでシェアしたい」が30.0%と最も高く、「夫婦での分担を50%50%とする」が24.0%で続いている。

 ⑤男女別に見ると、「分担や誰かの仕事ではなくみんなでシェアしたい」は女性29.2%、男性30.7%、「夫婦での分担を50% 50%とする」は女性「ザ・リッツ・カールトン日光」見学会創立30年を記念し、得意先限定で開催ミキハウス子育て総研の子育て支援住宅認定を取得22.5%、男性25.5%と若干男性の回答の方が高くなっているが、男女とも理想の家事スタイルは、夫婦で半々に分担して家族みんなでシェアすることが判明した。

 なお、この調査結果については、11月にリニューアル公開したアイフルホームのキッズデザイン研究所HPでも紹介されている。

キッズデザイン研究所のホームページ
https://www.eyefulhome.jp/concept/kids/labo/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。