本紙紙面

2021年10月26日配信

2020年度インテリアファブリックス市場規模
前年比5.1%減となる5364億円



 (一社)日本インテリア協会(NIF・永嶋元博会長)・広報委員会(森保委員長)は、このほど「2020年度インテリアファブリックス市場規模」(卸売ベース)を発表した。

 インテリアファブリック市場規模は、5364億円(前年度5650億8000万円)と前年比で5.1%の減少となった。2019年10月の消費税増税駆け込み需要の反動による新築需要の減少、新型コロナウイルスの感染拡大によるコントラクト物件の工事延期、個人消費の低迷などの要因が考えられる。一方、巣篭もり需要の拡大で一部のインテリア製品の需要は増加、またインターネット通販も拡大するなど伸びる市場もあったが、全体として市場規模は減少した。

 また分野別にはウィンドートリートメントが1884億1000万円(前年比2.8%減)、フロアカバリングが2342億5000万円(同5.1%減)、ウォールカバリングが1137億円4000万円(同8.4%減)となった。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。