本紙紙面

2021年8月26日配信

【ペットとインテリア160】幼少期編15―猫
中田かおり インテリアコーディネーター・愛玩動物飼養管理士一級



 前回のリフォーム等によるアレルギーから続けます。

 様々な分野でアレルゲンを失くす試みがなされているおかげで、現在リフォームでの犬や猫のアレルギーはそれほど多くはありません。大抵の場合はスムーズに新しい室内空間へ移行できます。
 ただし、残念ながら皆無になった訳ではなく、リフォームを切掛けにアレルギーを発症する例がぽつぽつと起きています。

 主な原因としては、もともと使用する材料に対してアレルギーを持っていること、さらには建築上昨今の戸建てや集合住宅の質が上がり、気密性が高くなったため、換気が行き届かず、アレルゲン物質が室内に残りやすいこと等が挙げられます。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。