本紙紙面

2021年7月28日配信

【ザ・チャレンジ】ノート(東京)
内装工事の廃資材等を欲しい人へつなぐ 「常設エコ場市」を連続開催中

廃番となった輸入クロスと見本帳が大人気
廃番となった輸入クロスと見本帳が大人気

 内装デザインや施工を手掛ける(株)ノート(井上徹也社長)が、墨田区菊川に開設した「エコサロン」において、店舗工事やオフィス工事で発生した材料ロスを無料で回収し、DIY好きの人たちに提供する「実験エコ場市」という試みを開催していることについては、本紙3月10日号にて紹介した。今回はその続報である。

 この「実験エコ場市」では、それぞれの資材に値段をつけて売るのではなく、入場料制(税込1,100円)の取り放題が特徴。会員企業から集めたクロスや店頭什器、エクステリア資材、水栓金具、建築金物、養生材、長尺シート等、内装工事の現場で発生した様々な余剰資材や廃材、返品不能な商材、不要となったサンプルなどを、欲しい人へとつなぎ、「材料ロス」の削減を図るサステナブルなイベントである。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。