本紙紙面

2021年5月27日配信

【異業種から見たインテリア市場】ETiAM(エティアム)蔵前店
CHIENOWAコミュニケーション 代表 川﨑智枝
東京のブルックリン、“カチクラ”エリアに
アンティーク&カフェを併設したバッグショップが誕生

アンティークな木の扉が印象的なファサード
アンティークな木の扉が印象的なファサード

 バッグ小売りチェーンのサックスバーホールディングスが、4月16日に「エティアム蔵前」をオープンした。

 モノづくりの街・蔵前は東京のブルックリンとも称され、ダークグレーのシックな外装が街中に溶け込んでいる。地下鉄蔵前駅から徒歩1分のショップは、1、2階合わせて約30坪ほどの広さ。1階に本格的なカフェも併設し、ハンドドリップのコーヒーが楽しめる。2階にはソファ席やテラス席も設け、革製品を見ながら贅沢な時間を過ごせる。また、バッグを陳列しているアンティークな什器は、英国から輸入した古い家具を用いており、それぞれ値段を付けて販売されている。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。