本紙紙面

2021年3月11日配信

【ザ・チャレンジ】ノート(東京)
内装工事の廃材や余った資材等を回収し
欲しい人へつなぐ「実験エコ場市」開催

井上社長(中央)とgram(株)の宮城真里奈さん(左)、同じくスタッフの吉村謙一さん(右)
井上社長(中央)とgram(株)の宮城真里奈さん(左)、同じくスタッフの吉村謙一さん(右)

 我が国では、まだ食べられるのに、毎日膨大な量の食材が廃棄される「フードロス」が問題となっているが、実は内装工事の現場でも同様の事態が起っているという。

 万が一、現場で材料が足りなくなると困るので、余裕を見て発注して余った壁紙やタイルカーペット、ダイノックシートなどの内装材、寸法や数量の誤発注で使えなくなった造作材や什器等々、まだ使えるのに廃棄される「材料ロス」が発生しているのだ。

 余った資材が別の現場で使えれば、在庫として持っていても何ら問題ないが、それは無地の量産クロスなど、売れ筋の一部の品番に限られるだろう(似たような商品が多くて、混乱する危険性もあるかもしれない)。

 また、輸入のタイルカーペットなど、商品によっては最小注文ロット数(㎡数)が多いことを、設計側が知らずに、見た目重視でほんの少しだけ図面上にスペックすることで、大量に余りが出てしまうケースもある(設計と交渉して、使用製品を変更してもらえれば問題ないのだが)。

 そうした中、内装デザインや施工を手掛ける(株)ノート(井上徹也社長)では、墨田区菊川に昨年開設した「エコサロン」にて、店舗工事やオフィス工事で発生した材料ロスを無料で回収し、欲しい人たちに提供する、「実験エコ場市」という新しい試みを、さる2月20〜23日の期間に開催。クラフト好き、DIY好きの地元住民等の注目を集めているという。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。