本紙紙面

2021年2月27日配信

【異業種から見たインテリア市場】yuhaku(ユハク)
CHIENOWAコミュニケーション 代表 川﨑智枝

「yuhaku Ginza Gallery」。モノトーンの空間にyuhakuの華 やかな色が映える
「yuhaku Ginza Gallery」。モノトーンの空間にyuhakuの華 やかな色が映える

代表取締役の仲垣友博さん。<br>帽 子がトレードマーク
代表取締役の仲垣友博さん。
帽 子がトレードマーク

◆日常に一番近いアートとしての存在感

 昨年の暮れ、銀座三丁目に「yuhaku Ginza Gallery」がオープンした。グレーの濃淡で表現されたモノトーンの内装に、独特の美しい染色を施した「yuhaku」の製品が佇んでいる。革小物やバッグなどの革製品が中心で、その手染めの色の奥深さにしばし心を奪われる。

 大学時代は絵描きを志していたという代表取締役の仲垣友博さん。日本にはまだアートが生活に根付いていないとの思いから、「日常に一番近いアート」を表現する場として、この銀座ギャラリーを位置づけた。壁面にはドライフラワーのような「アート盆栽」がかかる。他にはない、革の端材とドライ盆栽を組み合わせた立体的なインスタレーション作品にもチャレンジしている。


この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。