本紙紙面

2021年2月26日配信

【インテリア閑話 432】フリース壁紙とデジタルプリント
インテリア文化研究所 代表 本田榮二



 楽観は禁物だが、新型コロナウイルスは医学的知見も蓄積され、ワクチンも登場しただけに年内には収束すると思われる。収束後に浮上するインテリア商材は何だろうか。誤りを恐れず大胆に予測するなら次の4点が浮上すると思われる。

 ①デジタルプリントのインテリア商材。当然、壁紙だけでなくテキスタイルも含まれる。

 ②フリース壁紙。欧州と異なって日本でのフリース壁紙の普及は低いが、後述する理由で浮上するはずだ。

 ③抗菌・抗ウイルスのインテリア商材。日本はモンスーン地帯の最東端に浮かぶ島国なので、夏場は高温高多湿のためカビや菌が発生しやすい。

 ④疲弊した精神をホッとさせる癒し系のデザイン。

 この4点のニーズは相互補完の関係にあるが、今回はデジタルプリントとフリース壁紙に焦点を絞って詳述したい。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。