特集

本紙紙面

2020年12月25日配信

「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2020」
総合グランプリにフレッシュハウス
「リモートワーカーの未来形。木立の中で働く。住まう。」
ウイズコロナ時代のニューノーマルを象徴するリノベーション

総合グランプリ:フレッシュハウス「リモートワーカー の未来形。木立の中で働く。 住まう。」
総合グランプリ:フレッシュハウス「リモートワーカー の未来形。木立の中で働く。 住まう。」

 (一社)リノベーション協議会は、2020年を代表する魅力的なリノベーション作品を決定するコンテスト「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2020」の授賞式及び選考委員による講評会を12月10日、東京都千代田区の内幸町ホールで開催し、総合グランプリに(株)フレッシュハウスの「リモートワーカーの未来形。木立の中で働く。住まう。」を選出したほか、部門別最優秀作品賞と、審査委員による特別賞を発表した。

 総合グランプリに選ばれた(株)フレッシュハウスの「リモートワーカーの未来形。木立の中で働く。住まう。」は、かつては祖母が所有していたが、別荘地に空き家のまま放置されていた、60平米に満たない平屋に耐震改修と断熱改修を行い、リモートワークに適した、一人暮らしのための、職住融合型の空間にリノベーションしたウイズコロナ時代のニューノーマルを象徴する物件といえる。

 「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2020」では、消費者にとって関心の高い施工費用別に、「500万円未満部門」「1000万円未満部門」「1000万円以上部門」「無差別級部門」の4部門を設け、全国からエントリーされた計268作品を対象に、SNSを活用した一般ユーザーの声を取り入れた1次審査を実施。61作品をノミネート選出した後、住宅系を中心としたメディアの編集者8名で構成された選考委員による最終審査を実施し、総合グランプリ、部門別最優秀作品賞4点、特別賞14点を左記の通り決定した。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

お得なお試しキャンペーンを実施中です
sponsored by