本紙紙面

2020年11月25日配信

【底流】要尺計算の意義とは



 先般、「第7回窓装飾プランナー資格試験」の合格発表が行われ、新たに205名の「窓装飾プランナー」が誕生した。この7年で2,000名以上の「窓装飾プランナー」、すなわち窓装飾品販売のプロが生まれ、ウィンドートリートメント市場で活躍しているわけだ。

 さて、今回の試験では記述式問題においてはじめて要尺計算が出題された。これまで過去6回の試験では選択式問題(マークシート)での出題だったため、試験全体における比重は低く、飛ばしてしまっても影響は小さかった。しかし記述式問題の一つともなれば避けて通ることはできない。まさに要尺計算は「窓装飾プランナー」の必須のスキルとなったわけだ。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。