本紙紙面

2020年5月25日配信

【底流】「ステイ・ホーム」をチャンスに



 新型コロナウイルスの影響による自粛要請が少しずつ緩やかになってきた。それでも第2波、第3波がいつやってくるかもしれず、そうなればすぐに自粛強化に後戻りすることになる。おそらくは自粛と自粛解除を一定期間(1年か2年か、あるいはそれ以上か)繰り返しながら、ワクチンや治療薬が完成するのを待つという形なのだろう。

 こうした期間が続く限りは経済がV字回復することは難しい。住宅・インテリア市場も、特に新築市場を中心に苦戦が続くという予測の中で悲観的になっている専門店経営者は多い。

 しかし、だからといって悲観してばかりでははじまらない。確かに新築着工戸数の減少は避けがたいが、それはかなり前から覚悟していたことだし、専門店にとってはすでに取り込みにくい競争の激しい市場になっていたではないか。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

お得なお試しキャンペーンを実施中です
sponsored by