本紙紙面

2020年3月27日配信

【特集 建設キャリアアップシステム】
内装業で能力評価制度がスタート 技能者を4段階にレベル分け

ロゴ
ロゴ

 昨年4月に本運用を開始した、国土交通省が推進する「建設キャリアアップシステム」(運営主体・一般財団法人建設業振興基金)において、今年4月より内装仕上業での能力評価制度が正式スタートする。これまでレベル1(ホワイトカード)とレベル4(ゴールドカード)の2段階評価だったものが最終形の4段階となり、いよいよ「建設キャリアアップシステム」の運用が本格化することになる。

 本運用開始から約1年、全国の登録者数は技能者が202,325名、事業者が37,062社(いずれも2020年2月29日現在)で、当初の目標よりも進んではいないものの、建設業界全体に同システムの重要性は着実に広まってきている。

 今回は、インテリア・内装業界、リフォーム業界、カーテン施工も含めて建設業に関わるあらゆる技能者が対象となる「建設キャリアアップシステム」について、最新情報も併せて解説したい。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

お得なお試しキャンペーンを実施中です
sponsored by