業界ニュース

2020年7月18日配信

川島セルコン 「素敵な帯みつけた」展、来年6/30まで開催

帯のデザインの移り変わりを紹介
帯のデザインの移り変わりを紹介

 (株)川島織物セルコンは、本社に併設の川島織物文化館(京都市左京区)で、明治から現在の帯のデザインの移り変わりを紹介する「素敵な帯みつけた」展を、7 月20 日(月) ~ 2021 年6 月30 日(水)の期間で開催する。

 「このきものには、どんな帯をあわせようかしら?」ときものと帯のコーディネートを考えるのは、とても楽しいもの。いつの時代も着こなしを楽しんでいたのだろうと想像するが、現在のような帯が主流になったのは、大正から昭和にかけてのことである。フランスより持ち帰られたジャカード織機の出現、また、大正から昭和の初めにかけて、なごや帯や袋帯が考案されたことにより、帯は憧れの品から手の届く物になっていった。

 「素敵な帯みつけた」展では、その明治から令和までの帯の変遷を、デザインの移り変わりを通して紹介する。入館料無料。

大正時代
大正時代

昭和時代
昭和時代

川島織物セルコンのホームページ
https://www.kawashimaselkon.co.jp/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

お得なお試しキャンペーンを実施中です
sponsored by