商品ニュース

2021年6月26日配信

WhO AIを使ったデザインアプローチを開始

デザイン生成技術「DeepWear」を用いて壁紙を制作
デザイン生成技術「DeepWear」を用いて壁紙を制作

 インテリア内装材·壁紙ブランド「WhO(フー)」(野原ホールディングス(株))は、ピクシーダストテクノロジーズ(株)(PxDT/落合陽一CEO)と共同で、PxDTの開発したデザイン生成技術「DeepWear」を用いた壁紙の制作をスタート、AIを使ったデザインアプローチを試みる。

 制作プロセスは、WhOが展開している「PATTERNS」シリーズの既存品番のデザインデータを「DeepWear」に読み込ませ、深層学習により、個々の特徴を捉えた新たなデザインを生成するというもの。既存のデザインをベースにすることで、インテリア空間に馴染む質感やパターン、テイストなどを継承しつつも、AIならではの描画や表現が出現した。

 自動生成された100点から1点を選び商品化、「PATTERNS」シリーズの節目となる100品番として7月中旬のリリースを予定している。



WhOのホームページ
https://whohw.jp

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。