本紙紙面

2024年3月11日配信

【底流】ストック時代の主役は



 新築住宅の着工戸数がジリジリと減少している。先般発表された2023年(1月〜12月)の新設住宅着工戸数は82万戸弱と、姉歯問題やリーマンショックを経てバブル後最盛期の半分以下となった。野村総研の予測では、2030年に74万戸、2040年に55万戸と先々も減少が見込まれている。

 その一方、期待値が高まっているのがストック市場である。空き家問題も含めて、全国5000万戸以上あるといわれる既存住宅のインテリア需要をいかに掘り起こしていくのか。そしてインテリア専門店にとっては、このストック市場に対してどのようなインテリア製品を販売していくのかということが、ビジネス上でより重要になってくる。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

インテリアビジネスニュース6月10日号発行