特集

本紙紙面

2024年2月13日配信

「ハイムテキスタイル2024」トレンドレポート
環境配慮型繊維・産業・技術が大集結
カラーはブラウン~オレンジ~レッド系の低彩度が中心
レポート越川洋平氏((株)オーブインターナショナル代表)

トレンドエリア
トレンドエリア

越川洋平 氏
越川洋平 氏

【new sensitivity】―新しい感性

 2021年に環境保護に重点を置いた提案に大きく舵を切ったハイムテキスタイル・トレンドですが、昨年はそれがデザインに大きく影響を及ぼしている実例が多く示されていました。そして今年はどうなのかというと、環境配慮型繊維産業技術展示のオンパレード!

 待ってくれ~!デザインは?カラーは?と叫びたくなるのをこらえ、まずはじっくり見ようじゃないかと思います。

 技術の進歩は凄まじく、それが既存の商流に入り込むペースも凄く早いなぁ、と感じていたのですが、トレンドセッターに言わせればこれでもまだまだ遅すぎるそうです。なので、多くの技術が揃ってきたこの辺りでブーストをかけて、一気呵成に普及させないと取り返しがつかなくなってしまうということで、今年は今実現されている新しいサステナブルな繊維産業のテクノロジーを集結させたようです。

 今年は今までと構成をガラッと変えて、テクノロジーと色柄は別立てになりました。テクノロジーの紹介点数があまりにも多いのと、トレンドテーマのサブカテゴリーが環境へのアプローチの仕方によって分けられている以上、別立てにした方がわかりやすいということなのでしょう。

 今年のテーマは「new sensitivity(新しい感性)」。自然の生態系を理解して、自然、人間、テクノロジーの相互作用を意識し、連携して行きましょう、というテーマです。さらに現実問題として、環境意識を高めるだけでは世界を変えるところまではいけなくて、経済とのバランスが大切だということまで言及されています。広く普及させて世界を変えるには凄く大切なことですね。

 新しい感性で環境に配慮する繊維産業を調査したところ、アプローチの仕方が大きく3つに分かれることがわかったそうです。まずその3つを順に紹介していきます。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。