本紙紙面

2022年12月26日配信

【連載 カーペットはすばらしい】日本カーペット工業組合
「冬の節電」にカーペットを
暖かさと省エネルギー実現

*プレゼント企画あり



 7年ぶりとなる冬の節電が12月からスタートしました。政府は来年3月末まで企業や家庭に「無理のない範囲での協力」を求めています。そうした政府の要請に応えつつ、寒い冬を快適に過ごせるインテリアアイテムがカーペットです。敷くだけで暖かく感じて気持ちよく、省エネルギーにもつながります。

 冊子「新訂カーペットはすばらしい」では“カーペットをおすすめする10の理由”を紹介しています。その一つ、「素足でも気持ちいい」のページで、カーペットの暖かさの秘密を次のように説明しています。



 「空気を多く含むカーペットは熱伝導率が小さいため(図1)、足裏の温度低下の幅が小さく(図2)、肌で感じる接触温冷感も暖かく感じます。繊維内に隠された空気層が断熱材として働き、熱を逃がしにくくしているのです」

 そしてこの断熱材としての働きが省エネルギーを実現します。つまり、室内を暖房時、外気の低温と内側の高熱を断熱することで暖房効率が高まり、エネルギーの消費量を抑えるのです。

 カーテン・カーペットによる省エネ効果を調べた実験によると、カーペット床+カーテン二重吊りの場合と、木質床+カーテンなしの場合を比べると、前者の方がなんと約3割も消費電力量を削減できるということが実証されています。(実験実施はインテリアファブリックス性能評価協議会、冬季環境試験)

+アンダーフェルト(下敷き)の提案はいかが?

 同実験におけるカーペット床を詳しくみると、カーペット(ウール製7㎜カットパイル)の下に10㎜厚のアンダーフェルトを敷いています。実は、節電効果の向上に大きく寄与しているのが、このアンダーフェルトです。

 厚みのあるアンダーフェルトやラグ用下敷きを使うことでカーペットの機能はアップします。より一層暖かく、節約になるだけでなく、ホテルライクなフカフカ感、階下に音が響きにくく防音性が向上するなど、たくさんのメリットを得ることができます。もっと多くの人に知ってもらいたい商材です。

 インテリア専門店やコーディネーターの皆さん、今冬はカーペット単体の販売拡大はもちろん、付加価値アップが可能な「カーペット+アンダーフェルトor ラグ用下敷き」の提案強化にもチャレンジするのはいかがでしょうか?


【読者プレゼント】 
 記事の感想をお送りいただいた方の中から抽選で3名様にカーペット(ラグサイズ)をプレゼント。応募は下記リンク先の応募フォームから。



【読者プレゼント】応募フォーム
https://www.ibnewsnet.com/20221125_data/
日本カーペット工業組合
http://carpet.or.jp

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。