本紙紙面

2022年12月10日配信

【底流】ストック時代に対応する変化を  



 住宅市場の中心が新築からストックへ移行しつつある中で、インテリア専門店の業態も変化が必要な時期にきている。過去を振り返ってみても、インテリア専門店の業態は、その時々の住宅市場の状態、そしてそれに連動したインテリア市場の状況に対応する形で変化してきた。

 インテリア専門店の黎明期であるおよそ50年前、住宅市場は洋風化の波が押し寄せていた。高度経済成長も重なって、欧米のインテリア文化に憧れた日本国民がこぞって和風住宅を洋風化していったのだ。

 ここに膨大なインテリア需要が発生することとなる。特に畳の上にカーペットを敷くというニーズが多かった。このときインテリア専門店のメイン商材はピース物を中心としたカーペットだった。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。