本紙紙面

2022年6月11日配信

【シリーズ この人に聞く】
YKK AP株式会社 住宅本部リノベーション事業部営業推進部
性能向上リノベ推進室長 西宮貴央氏

西宮貴央 氏
西宮貴央 氏

 約6000千万戸といわれる日本のストック住宅のうち、断熱性能で現行基準を満たしていない住宅は全体の9割、耐震性能についても九割以上が倒壊の危険性があるなど大きな問題を抱えています。特に断熱性能は、世界的にみても著しく劣っている状態にあります。

 こうした状況をリノベーションによって改善できないものかと考え、2017年度からスタートしたのが「戸建性能向上リノベーション実証プロジェクト」です。全国の住宅関連事業者様と協同で、新築と同様に“これからの家づくりに求められる性能”として「断熱(等級6)」と「耐震(上部構造評点1.5以上)」を実際の中古物件をフルリノベーションして断熱性能と耐震性能を高めるというもので、当社の樹脂窓「APW」シリーズや開口部耐震商品「FRAMEⅡ」などを用いつつ事業者様のノウハウも交えて、これまで18のプロジェクトを実施してきました。
 結果的にリノベーションであっても、新築基準を上回る「HEAT20」G2、耐震等級3(上部構造評点1.5以上)を実現することができました。

 

昨年10月に「性能向上リノベの会」発足
リノベーション情報のハブ的存在目指す

 このプロジェクトで得た知見やノウハウを広く共有するべく、昨年十月に全国の住宅関連事業者様をグループ化した「性能向上リノベの会」を立ち上げました。
 「性能向上リノベの会」では、リノベ業務に活用できるツールの提供などの技術サポート、省エネ計算、耐震診断、補助金申請代行といった業務サポート、専用WEBサイトでの情報発信をはじめとする営業サポート、そしてセミナーや事例共有といった情報提供などを行い、性能向上リノベーション関連情報のハブ的な位置づけを目指しています。

 さて、窓メーカーである当社が、何故建築分野まで踏み込むのかというと、窓自体は近年になって非常に高性能化が進んできましたが、新築でも約80%、リフォームでは約50%の採用率にとどまっています。住宅事業者側の断熱性能自体に対するマインドがなかなか高まらないのが一つの原因だと考えています。
 そうした中で、窓の高性能化は重要です、という訴求だけをしても限界があります。そこで窓だけではなく、住宅全体で断熱性能を考えていただくきっかけとして、「戸建性能向上リノベーション実証プロジェクト」をスタートし、それをより広めるために「性能向上リノベの会」を立ち上げたわけです。

 事業者様にとっても、性能向上リノベーションは、マンションリノベーションと違って参入している事業者も少なく、技術的なハードルも高いため、ノウハウを身に付けさえすれば非常に魅力的なブルーオーシャンの市場になります。またエンドユーザー側も、機能性や性能をライフスタイルに応じて新築以上に良くすることもできます。結果として、新築だけでなく、性能向上リノベーションを施した中古住宅という新たな選択肢ができますし、さらに社会的にも既存の資源を活かすというサステナブルな観点からも意義があるなど、三方よし、四方よしの取り組みといえるのではないでしょうか。



 性能向上リノベーションに取り組むに当たって、何から手を付けていいのか分からない、という事業者様も多いかと思いますが、「性能向上リノベの会」を足掛かりにしていただきたいと思っています。現在、住宅事業者様、リフォーム・リノベーション事業者様だけでなく、これから取り組みたいという専門工事業の方々にも加盟いただいています。ご興味がありましたらぜひお声がけください。(談)

YKKAPのホームページ
https://www.ykkap.co.jp

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。