本紙紙面

2022年3月11日配信

【シリーズ この人に聞く】
一般社団法人日本インテリア協会(NIF)広報委員会委員長 森 保氏
「4月10日はインテリアを考える日」キャンペーン
インテリア専門店とともに認知拡大へ

森 保 氏
森 保 氏

 わが国には1年365日、それぞれの日にさまざまな記念日があります。「4月10日はインテリアを考える日」は、1994年4月に日本インテリアファブリックス協会(現日本インテリア協会・NIF)が多くの方々にインテリアについて考えていただきたいという願いを込めて制定しました。

 これまでにカレンダーへの記念日記載、シンボルマークの公募・作成、インテリアショールームツアー、部屋miteサイトでのコンテスト・写真投稿、JAPANTEXではチューリップ球根の配布等を通じて告知活動を推進し28年経過しましたが、一般生活者はもとより業界内でさえ認知が十分になされていません。

 そこで今年は、全国のインテリア専門店・販工店とともに一般生活者へ認知を広めていくためのキャンペーンを企画しました。一般生活者にインテリアを考えていただくきっかけをつくり、インテリアに関心を持っていただくことで需要の拡大を図っていこうという取り組みです。

シンボルマーク
シンボルマーク

 3月から4月は新生活をはじめる機会がもっとも多いシーズンですので、「3月・4月はインテリア月間」としてインテリアを考えることが生活者に浸透し、インテリア商品の買い替えや模様替えがさらに活性化することを願い新たなキービジュアルを作成しました。
 キャンペーンの内容は、共感いただける参加ショップの募集を行い、販促ツールとして店頭用POPを無償配布し、同Webサイトにショップ情報と販売店独自のイベント紹介を掲載した上で、キャンペーンビジュアルの「リンクバナー」をご利用いただき一般生活者への告知をお願いしています。

 併せてキャンペーンの展開として、一般生活者向けの特別講演「部屋がおしゃれにあか抜ける!インテリアのプロが教えます!」をインテリアコーディネーターの荒井詩万さんを講師に迎え4月10日と13日にユーチューブ配信する無料視聴の受付も行っています。また同Webサイトに「インテリアを考えるコラム」を今後継続的に更新アップしてインテリアを考えるきっかけやヒントにつながるよう発信します。期間中にルームクリップユーザーへアンケート調査を実施しWebサイトへの誘導にもつなげていきます。

 さまざまな方策に取り組んでいますが、日本インテリア協会のWebサイトの注目度や発信力では十分な認知には至らないと考えています。昨年同様に業界関連の多くの皆さまにもSNS投稿において#投稿(#4月10日インテリアを考える日、#インテリアを考える。#THINK INTERIORなど)をしていただくよう紙面を借りてお願い申し上げます。



 インテリアを考えた場合、観葉植物やお花のある暮らし、コーヒーのサブスクと共にカフェ風のインテリア空間にこだわるなど『心地よい暮らし』を求める方が多くなっています。NIF会員企業が扱う商品や提案は心地よい暮らしを実現することにも叶っています。

 これからの広報活動はトータルインテリアとしてインテリア製品全般「窓、壁、床」の情報を展示会・HP等を通じ「業界・職能者・流通・一般生活者」へ発信することが求められています。来年度から日本壁装協会、日本カーペット工業組合とともに「インテリア産業活性化プロジェクト」を立ち上げ、連携しながら情報発信を強化していく所存です。(談)

「4月10日はインテリアを考える日」キャンペーンページ
https://www.nif.or.jp/410

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。