本紙紙面

2021年11月25日配信

【底流】前売りビジネス再興へ



 インテリア専門店の前売り(B to C)ビジネスが厳しさを増している。

 この十数年、専門店の前売りはオーダーカーテン販売が中心だった。旺盛な新築需要があり、ハウジングや工務店が取り切れないカーテン需要が市中に流れ、それを専門店が取り込むという流れだった。取り込み方は新聞折込チラシからインターネット活用に変わるなど変化はあったが、この新築ユーザーが専門店の前売りビジネスの軸だった。

 ところが近年は新築着工戸数が右肩下がりに減少していき、住宅メーカーもカーテン需要の囲い込みを強化、かつてほどカーテン需要が市中にでてこなくなってきた。少なくなった新築ユーザーも存在感を高めるニトリやネットショップに先に取られてしまう。これでは前売りビジネスは成り立たなくなる。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。