本紙紙面

2020年10月14日配信

【シリーズ 私の提言②】
「いまは住まいに投資するべき時」
新型コロナウイルス蔓延の逆境をチャンスに
クリスチャン・フィッシュバッハ社 CEOマイケル・フィッシュバッハ氏



 新型コロナウイルスCOVID-19の世界的大流行により、ヨーロッパでも大変な状況でした。特にこの3~4月は、オランダなど一部の国を除いて、各国でかなり厳しいロックダウンが行われた結果、社会活動に著しい停滞が発生し、様々な業種の企業や店舗が休業・廃業に追い込まれることになりました。もちろん、インテリア業界でも仕事に少なからぬ影響が出ました。

 しかし、ロックダウンが徐々に解除されはじめた5月頃からは、一転してインテリア業界については景気がいい、いまも“プチブームだ”と言ってもいい状況だと思います。これは、ヨーロッパだけでなく、アメリカでも同じです。

 WHOがCOVID-19のパンデミックを宣言した時点では、その後の事業展開にどんな影響が出るのか、先行きが全く読めず、非常に懸念しましたが、幸いなことにいまは真逆の状況で、おかげさまで現在も大変忙しくさせていただいています。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。