本紙紙面

2020年5月27日配信

【インテリア閑話 414】古都サルラで邂逅したソレイヤード 後編
インテリア文化研究所 代表 本田榮二



 フランスのマルロー法は文化財保護を規定した世界初の法律だ。そのぐらい著名だが、適用第1号がペリゴール地方の古都サルラであることを知るフランス人は少ない。

 ラテン民族のフランス人らしいが、行政圏が朝令暮改的に変わったことも大きい。うんちくの類で恐縮だが、現在のペリゴールはサルラを中心とする「ペリゴール・ノワール」、ペリグーを中心とする「ペリゴール・ブラン」、ノントロンを中心とする「ペリゴール・ヴェール」、ベルシュラックを中心とする「ペリゴール・プルプル」の4エリアで構成されている。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

お得なお試しキャンペーンを実施中です
sponsored by