本紙紙面

2019年9月10日配信

【ペットとインテリア 139】幼少期編―犬(つづき)
中田かおり インテリアコーディネーター・愛玩動物飼養管理士一級



今回は大型犬のインテリアを床周りから考察していきたいと思います。

 まず、大型犬と言えども、床材の基本は小型・中型犬と同じく滑らない材料を使うのが一番です。

 ただし、涎などの汚れが激しかったり粗相の時の量が小型・中型犬の比ではなく大きかったりすることから、全面カーペットや絨毯の全面敷き込みはお勧めできません。

 フローリングやコルク材、CF等、掃除のしやすい素材にして、洗えるか捨てられるラグやタイルカーペットなどを使うのが無難ではあります。

 ただし、大型犬は脚力も強く、走り回るだけで、6畳程度のラグは容易にずらしますので、タイルカーペットやラグを使用する際は必ず滑り止めを併用するようにしてください。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。