業界ニュース

2022年8月30日配信

YKKAP 「樹脂窓で高性能な家づくりに取り組む地域工務店の会」発足

「樹脂窓で高性能な家づくりに取り組む地域工務店の会」
「樹脂窓で高性能な家づくりに取り組む地域工務店の会」

 YKKAP(株)は、「APW」樹脂窓シリーズを採用し国土交通省が新設する断熱等性能等級5・6・7に対応した「高性能住宅」を建築する地域工務店ネットワーク「樹脂窓で高性能な家づくりに取り組む地域工務店の会」を発足する。



 2050年カーボンニュートラルの実現に向けた政府の取り組みが加速する中、住宅に関しても2021年に「脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策等のあり方検討会」が設置された。その取り組みの1つとして、住宅性能表示制度における、断熱等性能等級の基準が見直された。これまでは省エネ基準である等級4が最高等級だったが、その上位等級として2022年4月からZEH基準である等級5が施行され、さらに10月からはZEH基準を上回る等級6・7の施行が予定されている。これに合わせ、2022年10月から長期優良住宅等の要件も等級4から等級5に引き上げられるなど、優遇制度においてもより一層の省エネルギー性が求めらる。

 こうした新設上位等級に対応する家づくりにおいては、 戸建住宅で熱の流出入が最も大きい「窓」の高断熱化が必要不可欠である。YKKAPでは、2009年に高性能樹脂窓「APW330」を発売、2014年に高性能トリプルガラス樹脂窓「APW 430」を発売し、エンドユーザー・プロユーザー向けの両面で「APW」樹脂窓シリーズの提案・普及活動を進めてきた。その結果、「APW 330」発売当時9%だった同社の樹脂窓化率は、2021年度には31%まで上昇した。今回「樹脂窓で高性能な家づくりに取り組む地域工務店の会」を発足することで、SDGsやカーボンニュートラル実現に向けた「高性能住宅」のさらなる普及促進を目指す。

 「樹脂窓で高性能な家づくりに取り組む地域工務店の会」への入会の条件は、主に「APW」樹脂窓シリーズを採用し、断熱等性能等級5・6・7を中心に「高性能住宅」を建築している地域工務店。目標入会社数は500社。同会に入会すると、公式ウェブサイト内で公表し、新設断熱等性能等級5・6・7への対応状況が公表され、高断熱住宅への取り組みを広く発信できる。

夏に家へ流入する熱の74%が窓から、 冬に家から流出する熱の50%が窓から
夏に家へ流入する熱の74%が窓から、 冬に家から流出する熱の50%が窓から





「APW樹脂窓シリーズ 取扱地域工務店」掲載ページ
https://www.ykkap.co.jp/consumer/products/window/apw/builder/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。