業界ニュース

2022年7月13日配信

矢野経 「2021年住宅リフォーム市場規模」前年比5.7%増の6.9兆円

住宅リフォーム市場規模推移と予測
住宅リフォーム市場規模推移と予測

 (株)矢野経済研究所は、「2021年住宅リフォーム市場規模」について、前年比5.7%増の6兆9034億円との推計数値を発表した。

 2021年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の度重なる発出により外出自粛生活が続く中、一部でマイナス影響があったものの、在宅時間が長時間化したことによる「住空間」への関心の高まりなどプラス影響が大きく増加で推移した。

 分野別には、「増改築に関わる費用」(10平米超+10平米以下増改築工事)が前年比2.2%減、「設備修繕・維持管理費」が同8.6%増、一方で新型コロナウイルス感染拡大当初に「ステイホーム」や「テレワーク」によって需要が急拡大した「家具・インテリア等」は、こうした需要が落ち着いたために同8.3%減となった。

 また「2022年住宅リフォーム市場規模」は6兆5000万円(前年比5.5%減)、2023年は6.6兆円(同0.7%増)を予測する。2022年は観光需要喚起策などにより外向きの消費(旅行、外食等)が増加することで、リフォーム需要が減少することが考えられる。加えて、食品や日用品をはじめとする消費財の物価高騰による家計支出全体の縮小、それにともない不要不急の支出減少、さらに建築資材高騰によるリフォーム工事費の上昇などがマイナスに働くことで市場縮小は避けられないとしている。2023年は、団塊ジュニア世代がリフォーム適齢期に突入しているなど、リフォームのトレンドは高まる傾向にあるが、世帯数がピークアウトしはじめることから、成長が鈍化していくものと予測する。

住宅リフォーム市場規模の2030年までの長期予測
住宅リフォーム市場規模の2030年までの長期予測

矢野経済研究所のホームページ
https://www.yano.co.jp

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。