特集

業界ニュース

2022年4月15日配信

住江織物 温室効果ガス排出量削減目標を設定



 住江織物(株)は、中長期経営目標「SUMINOE GROUP WAY 2022~2024~2027」の方針のもと、温室効果ガス(CO2)排出量の長期的な削減目標を設定した。

 住江織物グループでは、1998年に「K(健康)K(環境)R(リサイクル)+ A(アメニティ:快適さ)」を発表して以降、生産拠点を中心に環境マネジメントシステム(ISO14000)の取得・運用を進め、2011年には、同グループの主力製品であるタイルカーペットの同一製品間による循環型リサイクルシステムを確立し、水平循環型リサイクルタイルカーペット「ECOS」を発売した。また今期は奈良事業所再編を進めており、染色設備や排水処理場の撤去、輸送効率を改善するための取り組みを強化すべく、2022年5月完了に向けて順調に進めている。

 今回設定した温室効果ガス(CO2)排出量の削減目標は、住江織物グループ全体の温室効果ガス(CO2)排出量を、2031年5月期(2030年度)までに2014年5月期(2013年度)比で35%削減(Scope1(同グループの直接排出)+Scope2(他社の間接排出))するもの。目標達成に向けて、物流改善、エネルギー効率向上と使用燃料の変更、働き方改革などに取り組み、環境対応型商材の拡販の両軸で脱炭素社会の実現に貢献していく。

 なおScope3(1、2以外の事業活動に関する他社の間接排出)については、算定準備を進めている段階で、総排出量の算出ができ次第発表するとしている。

住江織物グループの環境への取り組み
住江織物グループの環境への取り組み

住江織物のホームページ
https://suminoe.co.jp

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。