業界ニュース

2021年10月12日配信

サンゲツ TABLE FOR TWO主催「おにぎりアクション2021」に参加

昨年の「おにぎりアクション2020」におけるオリジナルイベントの様子
昨年の「おにぎりアクション2020」におけるオリジナルイベントの様子

 (株)サンゲツは、TABLE FOR TWO(NPO法人TABLE FOR TWO International/TFT)が、10月5日(⽕)〜11月5日(金)の期間で開催中の特別プログラム「おにぎりアクション2021」へ協賛および参加、サンゲツ社員食堂や各事業所にて、おにぎりが選べる献立やおにぎり弁当を提供するオリジナルイベントを開催している。



 「おにぎりアクション」とは、国連が定めた10月16日「世界食料デー」(世界中の人が食べ物や食料問題について考える日)を記念し、おにぎりにまつわる写真にハッシュタグ「#OnigiriAction」をつけSNSまたはTFT 特設サイトに投稿することで、1投稿につき開発途上国の子どもたちへ給食5食分(100 円)を寄付する活動。2015年に開始してから2020年までの6年間の開催で、累計100万枚の写真が投稿され、約540万食の給食を届けている。

同社が「おにぎりアクション」に参加するのは今回で3回目。昨年は全社でイベントを開催し、社員から合計1765枚のおにぎり写真が集まった。
 また同社では、TFTの活動コンセプトである「先進国の私たちと開発途上国の子どもたちが、時間と空腹を越え食事を分かち合う」に賛同し、2017年10月よりサンゲツ社員食堂(本社・中部支社、東京支社、関西支社)にて食事をする際に、小鉢を1つ減らすことで、開発途上国の子どもたちに給食1食分を提供する活動に参加し、2021 年8月時点で累計2万3000食を超える寄付をしてきた。また売上の一部が寄付につながる自動販売機の設置も行っている。

 これらの活動の一環として「おにぎりアクション」サンゲツオリジナルイベントを期間中に本社・各支社・営業所・ロジスティクスセンターにて開催中である。
 同イベントは、「おにぎりアクション」開催中に、サンゲツ社員食堂(本社・中部支社、東京支社、関西支社)にて「産地こだわりの美味しい塩おにぎり」を提供する日を数日設けるほか、その他の支社や営業所、ロジスティクスセンターでは、おにぎり弁当の提供や手作りのおにぎりなどで参加。おにぎりの写真を撮影、投稿することで、開発途上国の子どもたちへ給食を寄付するというもの。
 また、期間中は「サンゲツおにぎりデザインアワード」を同時開催、社員による応募写真の中から「職場部門」、「家族部門」、「趣味部門」ごとに各大賞を決定する。社員が楽しみながら、参加できる企画を通じてイベントを盛り上げる。

昨年の「おにぎりアクション2020」におけるオリジナルイベントの様子
昨年の「おにぎりアクション2020」におけるオリジナルイベントの様子

昨年の「おにぎりアクション2020」におけるオリジナルイベントの様子
昨年の「おにぎりアクション2020」におけるオリジナルイベントの様子

サンゲツのホームページ
https://www.sangetsu.co.jp

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。