コントラクトニュース

2021年4月9日配信

スミノエ JRホーム上シェアオフィスに「クレンゼ」カーペット採用

ホーム上シェアオフィス「STATION DESK」イメージ
ホーム上シェアオフィス「STATION DESK」イメージ

 (株)スミノエが展開する抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術「クレンゼ」を施した水平循環型リサイクルタイルカーペット「ECOS(エコス)」が、JR東日本による日本初のホーム上シェアオフィス「STATION DESK」の床材に採用された。

 JR東日本では、「新しい働き方」へのニーズに対応するため、シェアオフィス事業「STATION WORK」をスタート、その新たなブランドとして2021年2月25日に西国分寺駅・中央線下りホーム上、およびに3月25日に三鷹駅中央線上下ホーム上にシェアオフィス「STATION DESK」をオープンした。「STATION DESK」では、WEB会議で活用できる個室型「CUBE」や半個室型「SHELTER」を用意、さらにより快適な環境を提案するため抗ウイルス効果の高い床材や紫外線照射による空間除菌装置を導入している。料金は15分250円(税抜)。

 その「STATION DESK」での環境・衛生対策の一環として、抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術「クレンゼ」を施した水平循環型リサイクルタイルカーペット「ECOS」が採用された。「クレンゼ」は、倉敷紡績株式会社の抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術で、広島大学大学院二川浩樹教授の研究により商品化された固定化抗菌成分「Etak(イータック®)」を繊維表面に強力に固定化する技術。住江織物グループでは倉敷紡績との取り組みにより、「クレンゼ」を活用した製品を製造・販売している。

 なおJR東日本では、2023年度までに「STATION WORK」の1000店舗展開を目指している。



スミノエのホームページ
https://suminoe.jp

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
カーテントレンドニュース
カーテン業界の
トレンド情報等を発信中!

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。