商品ニュース

2007年12月25日配信

トレイン アーユルチェアー第3弾「アーユルエッグ」を発売
(株)トレイン(長谷川康之社長)は、日本人の身体の特性にあわせて、正しい姿勢で座ることが身につけられる「アーユルチェアー」の第3ステージモデルとして、よりデザイン性を追及した「ayuregg(アーユルエッグ)」を12月15日から、東急ハンズにおいて先行販売している。
「アーユル」とは、古代サンスクリット語で「いのち」を意味する言葉。正しい姿勢で心身とも健全になり、生命の輝きを見出して欲しいとの願いから命名された。「アーユルチェアー」の根本精神は、「坐骨座り」にある。座面の面積を極端に狭く、座面の角度も後傾山形に設計し、坐骨を意識しながら、馬の背に乗るように、左右バランスよく、またいで座ることで、日本人の身体特性に合った正しい座り方が可能となるもの。腰痛・肩こり予防や代謝アップなどの効果があると言われている。

この「アーユルチェアー」については、本来競合関係にある家具メーカー4社(イトーキ、コイズミファニテック、バルス、コトブキ)が基本コンセプトにもとづき、各社それぞれのデザインで、同じ名前を冠して発売するという業界初のプロジェクトとして展開。2007年度グッドデザイン賞を受賞している。
新発売の「ayuregg(アーユルエッグ)」は、コトブキとのコラボレーション第2弾。書斎やリビングなど屋内での使用はもとより、耐候性のある樹脂を使用しているので、テラスなど屋外での使うことも可能となり、新たなライフシーンでの展開も見込まれている。価格は29400円(税込み)。対象身長は150センチ以上、カラーは幅559×奥行き570×高さ756ミリ。座面の高さは430ミリ。材質はポリプロピレン、重量2.2キロ。カラーは、ブラック・ホワイト・ライムグリーンの3色。最大3台までスタッキング可能。
「ayuregg(アーユルエッグ)」の発売により、「アーユルチェアー」プロジェクトは、5社7種類のラインナップとなった。

アーユルチェアーのホームページ
http://www.ayur-chair.com/
その他の商品ニュース

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら