リノベーション

2019年10月31日配信

グローバルベイス Aoyama Flower Marketとのコラボ第2弾発表

リビングダイニングキッチン
リビングダイニングキッチン
花器付き円形テーブル
花器付き円形テーブル
マイクロ胡蝶蘭のシェードランプ
マイクロ胡蝶蘭のシェードランプ

 グローバルベイス(株)と青山フラワーマーケットを運営する(株)パーク・コーポレーションのグリーン空間事業「perkERs by Aoyama Flower Market」は、植物との暮らしに特化したリノベーションプランの第2弾として、MINIMAL × GREENをコンセプトとする「GREEN DAYS CASE002」を10月30日より提供開始し、東京・青山一丁目駅近くのヴィンテージマンション内にモデルルームをオープンした。

 「GREEN DAYS」では、植物と人間が心豊かな時間を過ごせる住空間を目指し、キッチンやソファ、照明など、同ブランドのオリジナルデザインを用意、植物の専門家による年4回のアフターサポートも行うなど、緑と暮らすリノベーションならではの新たなマンションライフを提案しており、東京・渋谷駅前に開設したモデルルームは、既に販売済みであるという。

 今回発表された第2弾のモデルルームは、東京・赤坂8丁目に立地する築41年のヴィンテージマンションの一室。都心の超一等地ながら、専有面積72.14平米の恵まれた2LDKの住空間の中で、MINIMAL × GREENをコンセプトに、前回のプランよりも、もっと研ぎ澄まされた空間の中にグリーンを取り込むことを狙っている。今回も、ボール球ライトとミニマムグリーンがモダンな印象を産み出すペンダントライトや、溶岩石と黒染めの木目が美しい花器付円形テーブル、岩に寄生したように静かに佇む高さ 18cmほどの「マイクロ胡蝶蘭」がポイントのシェードランプなど、オリジナル家具を用意。内装材についても、色味を統一しながら、植物やオリジナル家具の自然素材が際立つ配色・マテリアルが選定されている。例えば、壁は塗り壁のような自然な表情と、吸放湿性・耐久性を併せ持つ、グレー味の「エコフリース」を提案。またリビングや個室の床には、傷がつきにくくメンテナンスしやすいブラックチェリーの突板フローリングを、キッチン回りはコンセント部分も含めブラックで統一。巾木についても極限までなくすなど、細部まで削ぎ落したデザインとなっている。

GREEN DAYS CASE 001:
http://www.globalbase.jp/greendays/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら