特集

リノベーション

2018年9月3日配信

社会的背景の変化を鑑み「一般社団法人リノベーション協議会」に名称変更


 (一社)リノベーション住宅推進協議会(山本卓也理事長)は、昨今のリノベーションを巡る社会的背景の変化を鑑み、平成30年9月1日をもって団体名称を「一般社団法人リノベーション協議会」へ変更した。従来通り住宅・建築・不動産分野での既存住宅の流通活性化、リノベーションの普及・啓蒙を図ることもとより、空き家活用や地方創生など様々な分野で、リノベーションを通じて社会に寄与していきたいとしている。

 今回の名称変更の背景には、消費者が安⼼して既存住宅を選べる市場をつくり、既存住宅の流通を活性化させることを目的に、2009年に設立されてから10期目を迎え、当初とは市場環境、消費者の意識も大きく変わり、認知度の低かった「リノベーション」という言葉が一般化、2017年度には首都圏の中古マンションの成約件数(3万7329戸)が過去最高記録を更新し、新築マンションの供給件数(3万5898戸)を2年連続で上回り、各加盟企業が日頃の事業活動によって積み重ねてきた「適合リノベーション住宅」の累計件数は3万5,000件を超え、住宅ローンなどの金融商品やかし保険商品の優遇商品の計画も進んでいる。そのような状況の中で、リノベーション事業は住宅事業だけに留まらず、空き家問題、まちづくり、地方創生など幅広い分野へと拡大を進めており、同協議会も幅広い分野での活躍を期待されており、その実態に合わせて名称変更に至ったという。

 なお、一般社団法人リノベーション協議会は、現在、業界・業種の枠を超えた932社(正会員690社、賛助会員226社、特別会員4名・9法人・3自治体)が参画し、優良なリノベーションの統⼀規格「適合リノベーション住宅」を定め、建物タイプ別に品質基準を設定、普及浸透を推進しています。区分所有マンション専有部に関する品質基準を満たす「R1住宅」、区分所有マンション共用部も含む品質基準「R3住宅」、戸建住宅の品質基準「R5住宅」が運用されており、適合リノベーション住宅発⾏件数は、累38,402件にのぼる(2018年8月31日時点)。
 また同協議会では、既報の通り、「リノベーションの普及・啓蒙」を目的に、国内最大級のリノベーションイベント「リノベーション・エキスポ・ジャパン2018」を全国でを開催している。第9回目となる今年は、9月2日(日)よりスタートし、北海道から九州まで全国の8エリア18都市において、セミナー・展示・見学会・ワークショップ・トークショーなどリノベーションや暮らしに関する多彩なイベントがリレー開催されている。

リノベーション協議会のホームページ
http://www.renovation.or.jp/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら