特集

リノベーション

2015年8月10日配信

インテリックス 創立20周年を機に新CIとスローガン制定

新コーポレートロゴ
新コーポレートロゴ

 (株)インテリックス(山本卓也社長)は、創立20周年を機にグループの取り組みをより一層明確にしたブランディング展開を目指し、コーポレートロゴ及びシンボルマークを改定するとともに、新しくコーポレートスローガン「つぎの価値を測る」とブランドスローガン「きもちまで測るリノベーション」も制定。8月17日より、新ホームページに改定するとともに、新CIを順次展開していく。



 同社グループはこれまで、「リノヴェックスマンション」のブランドで2015年5月末までの累計1万5680戸を供給するなど、中古マンション再生流通事業を主軸に「リノベーションによる付加価値」を提供してきた企業であり、同事業で培った20年にわたる実績とノウハウを活かし、個人や法人からのリノベーション内装工事にも積極的に応える体制の構築や、少額で不動産投資ができるアセットシェアリング事業の推進など、新たな事業展開を進めていることから、創立20周年を機に、今回の新CI及び新スローガンを制定した。

新しいCIは、「Intellex」という社名の中に、リノベーション事業に関わりが深いとも言える4つの数学記号

「−(取り除く)」
「+(加える)」
「=(イコール)」
「×(倍の価値)」

を見出したもの。

 また、コーポレートスローガン「つぎの価値を測る」、ブランドスローガン「きもちまで測るリノベーション」はいずれも、インテリックスのリノベーションが、ミリ単位で物件を“測る”ことで始まることに由来しているが、同時に“はかる”という言葉には、「ものをはかる」意味だけでなく、“予想する”“気持ちをおしはかる”という意味合いもある。そこで同社では、中古マンション流通に、「リノベーション」「保証」という概念を導入して、安心の住まいを提供し、さらに「アセットシェアリング」など、世の中に必要な新たな価値を予想し、生み出す同社の姿勢をコーポレートスローガン「つぎの価値を測る」で表現するとともに、住む人の「きもち」を考えた精密な計測、価格にあった適切なプランを提示する気配り、さらには近隣住人の「きもち」を配慮した工事や、住んでからの「きもち」を考えたアフターサービス保証等、インテリックスのリノベーションをあらわすブランドスローガンを「きもちまで測るリノベーション」としたという。

インテリックスのホームページ
http://www.intellex.co.jp/

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■展示会・内見会情報
近日開催の展示会日程、会場
■インテリア関連企業 株価情報
最新の株価をチェック
■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら