本紙紙面

2020年8月25日配信

【インテリア閑話 420】フェルメールの時代とインテリア
インテリア文化研究所 代表 本田榮二



 上野の国立西洋美術館で「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」が開催されている。ファン垂涎の名画61作品は全て初来日で、一番人気はフェルメールの『ヴァージナルの前に座る若い女性』である。かくも日本におけるフェルメール人気はすさまじい。

 さて旧聞に類する話で恐縮だが、数年前、雑誌アエラ編集部から取材を受けた。内容を紹介すると「フェルメールの時代は室内装飾品として絵画が全盛の時代。当時の市民は少ない人で5枚、多い人は100枚前後の絵画を保有していた。それだけでなく絵画はオランダの重要な輸出品であったが、18世紀を迎えると同時にパタッと途絶える。原因は新たに登場した壁紙が絵画を駆逐したという説は事実か?」というものであった。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。