本紙紙面

2020年7月25日配信

【底流】オンライン営業の在り方



 「ウィズ・コロナ」時代の新しい営業スタイルとして、オンライン営業に取り組むインテリア専門店が増えてきている。

 これまで対面販売を重視してきたインテリア専門店にとっては、今回のコロナ禍による自粛は死活問題だった。未だ収束の見通しがたたず秋以降に再び感染拡大が予測される状態では、今のうちに体制を整えておく必要はあるだろう。

 仮に感染がさほど拡大せず自粛に至らなかったとしても、新しい切り口として顧客獲得につながる可能性もある。また今号で紹介した『グランデコール』が考えているように、現状の対面販売と組み合わせることで効率化も図れるし、さらにはネット通販に取られていた手軽さを求めるユーザー層を取り込むことができるかもしれない。

 そのためにも、ここでオンライン営業の在り方について考えてみたい。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。