本紙紙面

2020年7月11日配信

【インテリア閑話 417】日本の住宅建築第一号は法隆寺伝法堂
インテリア文化研究所 代表 本田榮二



 新型コロナウイルスは「ステイホーム」のスローガンが象徴するように「住宅&生活」を考えるきっかけになった。そこで今回は日本住宅のルーツである法隆寺伝法堂を探訪したい。

 我国は地震多発地帯であるうえ、草食系インテリア民族の常として木造建築物を基本としているため地震や火災の被害を受けやすい。その意味では法隆寺のように1300年前の木造建築物が残るのは奇跡と呼んで差し支えない。幸いだったのは宗教施設のため郊外に建っていたので、大勢の人々が生活する都市では火災の発生は不可避であるうえ、消防体制が皆無なため一旦燃え上がれば灰燼に帰すのは時間の問題であった。

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。