本紙紙面

2020年4月10日配信

キレイになった空間でどう暮らしたいかが大事
整理収納のプロも住宅の設計段階から関与するべき
平山ひろ子氏(アトリエCloset)に聞く 

アトリエCloset 平山ひろ子氏
アトリエCloset 平山ひろ子氏

 最近は「断捨離」という言葉こそあまり聞かれなくなったが、住まいづくりにおける「整理収納」の重要性はますます高まっている。 

 インテリアの大敵である、家庭の中に溢れるモノは、ただ捨てればいい訳ではないし、そもそも「捨てること」がゴールになるのは如何なものか? 

 いまの住宅では、かつてより収納スペースは増えているようだが、ライフスタイルに合わない収納は結局使われず、家の中は散らかっていくだけかもしれない。 

 大切なことは、モノを片付けた後、キレイになった空間で、どう暮らしたいか、ではないか? 

 そのためには、モノを片付ける以前に、クライアントの話をじっくり聞いて、収納計画とインテリアを考え、設計に反映してもらうことが理想なのではないだろうか? 

この記事は購読者専用記事となります。インテリアビジネスニュースをご購読 いただけますとユーザーID、パスワードを発行いたします。

プランを選択
会員の方はこちら

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。